読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロの奥底ではイヤだった工務店

ある日、夫が工務店を見つけてきました。 D屋というところで、雑貨屋さん家具屋さんもやっているところです。

そこは北欧系のおうちをたくさん建てていました。 私はあまり北欧系には興味がなかったし、場所が離れていたこともあり、乗り気ではなかったのですが伺うことに。

対応してくれたのは社長のKさん

こんがり日焼けしていて現場の人って感じです。

お父様がもともと経営されていてご自身が引き継いだとのこと。 Kさん父親に進められて一級建築士を取得、その後大工さんとして建築会社で修行、営業も経験しなければということで大手ハウスメーカーに営業として就職。

なんと華々しい経験。。。。

ここまで聞いて、

「なんか安心して任せられそう。」

と思いました。

まずは私たちの要望をお伝えしました。

私たちの要望はこちら↓ thinkback.hatenablog.com

洋館のような家なんて初めてだから是非建てたいです!!とKさん。 予算内にうちでしたら十分収まりますとのことでしたので、期待しておりました。

1か月後、出てきた間取りが斬新でびっくりしました。 よく考えられているなと。 通り土間を設け、離れのような形で私の職場。 上はバルコニーを伸ばして雨に濡れないようにしてあります。 そう来たかーと思いました。 しかし、屋根とバルコニーが多い分、結構高いのでは。。。と。

そして出てきた見積もりが4000万円!!!!

高っっ!!!!!

思ったよりいっちゃいましたーへへへーっておいおい。。。。

ここから減額が始まりますが、結果、自分たちが取り入れたいものってなくなってしまったんです。 その頃からです、やたらKさんの発言が気になり始めたのは。

まず毎回聞かれるのが、他どこと検討していますか?です。 D屋さん以外に5社ほどです。 とお伝えすると、名前は?と建築会社の社名まで詮索してくる始末。

その後は、絶対この家建てたいんです~とか、○○工務店さんは見かけだけですよーとかやたら他の工務店さんを下げてくるんですよね。 その発言が自分の価値を下げてるって思わないのかな。

帰ろうとするとやたら引き留めてくるし、もともとKさんが苦手な分野に当てはまる人だったので、私はここで建てるのは心の底からイヤでした。

夫は職人っぽい感じのKさんを気に入ってましたけど、徐々に気付き始めたらしく、あの通り土間にこだわらなくてもいいし、他の工務店悪く言うのやめてほしいな。。。とポツリ。

まだ連絡は来てないけど、切るつもりです。

切るって言う話をしたら、またグダグダしつこそうだなー。。。

やはり担当の方との相性も大事だなと思いました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村